艦これとスクストの似てる点・違う点

 長期間遊んでいるソシャゲーが艦これとスクストくらいなので、似てる点がそれなりに多いのかな?と思って振り返ってみた。
(そういや15年くらい前にやってた『The Tresure of Genum(以下、ToG)』も結構やってたんで、それについても触れます)

レスポンスが快適

 待たされるゲームはイライラするので続かない。
 僕がやってたタイミングだと艦これも意外と重くなかったですし(イベントやメンテ直後で一時的に重いことはあっても、ずっと重かったことはなかった)。
 スクストは超快適。他もこれくらい待たされないならもうちょっと続けるのに。
(ToGも雑誌に広告が載った時以外は快適だった)

中途半端なゲームをする必要がない

 ソシャゲーをいくつかやってみたけど、中途半端なゲームをやらされるくらいならそんな要素はないほうがいいと感じる。
 艦これはリソース管理ゲーという話があったけど、そのあたりはスクストも同じ。
 リソース管理ゲーをゲームと認めない人もいるだろうけど。時間回復やガチャ要素があるとリソース管理ゲーという面が出てくるし、それを他のゲームを混ぜてゲームバランスをとるのは難易度高い気がしてる。
(ToGはデッキ構築によるメタゲームを楽しむ感じだった記憶。ああいう感じのゲームもよいので、どっかにないかな)

難易度・報酬のバランスがよい

 このあたりは個人の趣味にもよるだろうけれど。
 「何も考えてないんじゃない?」「ちょっとは考えてるみたいだけど計算してないだろ」みたいなゲームもあるので、ちゃんと考えて計算してる(ように見える)のはポイントが高い。
(ToGもゲームバランスは大変優れていた記憶)


 ――あれ、似てるのはこんなもんかな。
 この辺を押さえてるゲームなら楽しめそうなので(上の方が優先度が高い)、そのうち見つかるといいのだけど。

 以下、違う点。

コレクション

 艦これは艦娘のコレクションが楽しい。
 スクストは衣装やカードを全部集めようって感じはない。推しキャラの衣装は欲しいけど。
(ToGはキャラカードのコレクションがあった)

キャラ

 艦これは1キャラ数枚のイラストで、キャラが沢山。
 スクストはキャラ少な目。ポリゴンキャラの着せ替えやモーションが楽しい。
(ToGは基本的にカードイラストのみ)

ストーリー

 艦これは明示的なストーリーはない。代わりにキャラの台詞が思わせぶりで、妄想が捗る。
 スクストはメインストーリーもそれなりに面白いけど、ちょいちょい入る寸劇が楽しい。オフィシャルが同人ネタっぽいので、そういう方面には向かない印象。
(ToGは物語ページの連載が更新されてた気がする)

イベント間隔/期間

 艦これは不定期にイベントが始まる感じで、3週間程度かな。
 スクストは月に3種類のイベントがあってループしている。各イベントの期間は1週間程度。
(ToGは毎月1イベントを切り替える感じだった気がする)

ランキング

 艦これのランキングは普通に遊んでいる分には関係ない。
 スクストのランキングは最低ランクの報酬は貰える感じで、遊んでいくとスコア/ランクが上がっていく実感がある。さすがにそろそろ打ち止めかもしれんけど。
(ToGはランキングが3種類あった。デッキ次第で上位も狙えた気がする)