ふたりはプリキュア ビジュアルファンブック

 TVシリーズで大判のムックは久しぶりな気がします*1
 セルからデジタルになって解像度が低くなったから大判のムックはもうでないかと思ってたんですけれどね*2。実際、ジャギが目立っていやんな感じですし。んでも、「どれみ」のときよりは良くなっているような気がするから、ひょっとすると東映アニメーションの最終出力の解像度が上がっているのかもしれない。なんてったってONE PIECEはハイビジョン対応らしいですからね*3


 以下、気になった点をぼちぼちと。

  • プロデューサーの鷲尾さんは秋田生まれで秋田のTV局*4にいたとのこと。どんなきっかけで東映アニメーションに行ったのか、ちょっと気になる。
  • プリキュアの絵を最初に見たときに「古くさっ、でもそこがイイ!」とか言っていたのですが、まさか積極的に古くさくしていたとは(笑)。
  • 「またみてね」コレクションが素晴らしい! 最近は宮元さんのらくがきっぽいのがなくて残念です。ところであれって、担当してるのは演助の人だったのですね。ちなみに昔と変わっていなければ予告も演助の人のはず。

 スタッフインタビューは少なめでしたが、大判のおかげで「ビジュアル」ファンブックとしては充分以上の出来でしょう。
 おまけCDも楽しめますし、これで2,000円(+消費税)なら安いんじゃないでしょうか。


 ところでこのムック、なぜか発売が微妙に遅れたのですが、思うにCDを付けることを忘れてたんじゃないですかね。一緒に製本されてないし。そのためにシュリンクも必要になって遅れたのでは? なんて邪推してみたり。

*1:ここ最近はB5判くらいのが多かった印象なので。手元にあるやつだと「おジャ魔女どれみ」「東京ミュウミュウ」「FinalFantasy:Unlimited」「コメットさん☆」「カレイドスター」がB5判。「ステルヴィア」は変形判でちょっと大きいけど長辺がB5サイズだしね。「プリンセスチュチュ」なんかはB6判ですよ。「プリキュア」は久々にA4判オーバーなのです。

*2:劇場作品は除く。あと「コメットさん☆」の設定資料本みたいに基本的にアニメの画像を使っていないやつは例外ね。

*3:原画が従来サイズだと意味ないんじゃ? とか突っ込まれそうですが。出版物に使うことを考えれば無意味じゃないと思うのです。

*4:AKTかなABSかな。AABでした。開局のからだったかな?