ふたりはプリキュア

 プリキュアが一部で流行っているのは設定等を見るといろいろと想像*1しやすいからだと思うので、「萌え作品だから」という評価はちょっと違う気がします。なんというか、マリみてが萌え作品扱いされるのは違うと感じるのと、同じ感覚。
 萌え系の人(あるいは最近の若い人)はキャラ単体に対して萌えられるのが特徴であるため、物語や設定には興味なさそうですし。だから同人の年齢層は高いんじゃないかと予想しています。これでちゃんと女性サークルが同人誌を作るようなら(同人的に)大ブレイク間違いなしでしょう。たぶん。
 作品の目指す「女の子の友情」がきちんと描ければかなり売れる作品になると思うんだけど、これが本当に実現できるのかどうか。しばらくは期待と不安が入り交じりながら視聴になりそうです。


 そういえば最近の作品は「キャラだけで中身が空っぽ」か「作り過ぎて想像の余地がない」かのどちらかに偏ってるから、同人的にいじって遊べるモノが無かったような気がする*2。そういう点でプリキュアは貴重なのかも。

*1:あるいは妄想。

*2:ハガレンの同人で大佐と愉快な仲間たちが人気なのは、エルリック兄弟では遊ぶ余地がないからだと思うし。